JPSA2009ショートボード第3戦の大会ライフガード<3>

今日は、ジャパンプロサーフィンツアー2009 ショートボード第3戦の最終日!
熾烈な戦いの末に勝ち残ったプロサーファー達の最高の演技が繰り広げられました。

画像


画像


大会ライフガードとして、いろいろな場所で開催される大会会場を見てきましたが
この水族館前のポイントは、良いですね!
大会会場の前には、水族館があって、そのテラスから試合の様子が一望出来ます♪
おまけに、食事をしながらですよ。

画像


観客も一番多かったように感じました。
駐車場もすごく広いし、会場に近い!

画像


上から見ると、波のサイズが小さく見えますが、広く見渡せて良い感じですね。
画像


大会ライフガードは、見ていると何もしないで居るだけに思われるかもしれません。。。
でも、いろいろな事を考えています。
もし、何かあれば、どこから海に入っていけば潮の流れを利用出来るか。。。
水中搬送の場合のコースは、どのコースが良いか。。。
心肺蘇生が必要になった場合、どの位置が良いか。。。
観客からの目隠しはどうするか。。。
救急車の誘導のコースは。。。
その他にも、時間と海の状況が刻一刻と変わる中、対応パターンも変わってきます。
何も無いに越した事はありません。
外から見て、私達が、暇そうに見えるのは良い事です☆

画像


試合プログラムの中では、もちろんビーチクリーンも行われます。
画像


クォーターファイナルからはマン・オン・マンヒート方式で戦われます。
これは、普段の試合運びより、さまざまな作戦が必要になります。
そしていよいよファイナル!
萩原 水紀プロ/ 福谷 周子プロです。

画像


試合に向け、ゲッティングアウトのポジションへ進む萩原 水紀プロ
画像


結果から言うと、女子の優勝は、「萩原 水紀」プロ!!
下のライディングを見ていただくと納得していただけると思います。

画像


優勝を果たし、本当に嬉しそうにインタビューに答える「萩原 水紀」プロ
おめでとうございます!

画像


男子のファイナルは、「ダレン ターナー」プロと「浦山 哲也」プロ
「浦山 哲也」プロは、7月のビーチコミュニティープロジェクトの親子サーフィン教室で
一緒に頑張ったので、応援してました。

画像


彼は、海に入る前に、きまって長い祈りのような仕草をします。
ハワイでは、普段から良く見る光景ですが、日本では珍しいです。

画像


今回の優勝者は、「ダレン ターナー」プロ!!
画像は、撮れませんでしたが、パワフルなマニューバーライディングは
そのバリエーションも多彩で、乗った波によって柔軟に対応する技のパターンは
一番充実していたように思いました。

画像


大会結果の発表!
<男子>優勝/ダレン ターナー 2位/浦山 哲也

     3位/田中 樹       3位/田中 英代義

<女子>優勝/萩原 水紀     2位/ 福谷 周子

     3位/谷口 絵里菜    3位/橋本 小百合

では、表彰式の様子を一挙に画像で紹介しましょう!

画像


画像


画像


画像


画像


女子です。
画像


画像


まだ、若いですが、インタビューでも、とてもしっかりとした受け答えをしてました。
画像


画像


見るからに性格の良さそうな萩原 水紀プロですね♪
画像


☆「ハワイの海」のハワイサーフィンガイドツアーについてはこちらです☆
  ↓↓↓
http://www7a.biglobe.ne.jp/~hawaiinoumi/index.surftrip1.html

☆「ハワイの海」のハワイサーフィンレッスンについてはこちらです☆
  ↓↓↓
http://www7a.biglobe.ne.jp/~hawaiinoumi/index.lesson1.html

☆◆日本でも「ハワイの海」サーフィンレッスンを催行しています◆☆
  ↓↓↓
http://www.geocities.co.jp/SilkRoad-Ocean/9717/kokunailesson.html


ブログランキング参加中!
クリックお願いいたします♪
クリックいただきますと、他にも沢山のサーフィン系ブログが紹介されていますヨ☆
↓ ↓ ↓

にほんブログ村 マリンスポーツブログ サーフィンへ

サーフサイズドットコム・ブログランキング参加中

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック